セドナといえば、ヴォルテックスをはじめとして、どうしても「大地」に接するイメージが強いですが、あえて大地から離れてみるのもオススメです。
大地から離れるってどうすればいいの? と思うかもしれませんが、セドナで人気のツアーに「気球ツアー」があります。すでに、セドナを訪れたことがあるという人ならば、朝方多くの気球が空に浮かんでいるのを見たことがあるのではないでしょうか?
日本では気球に乗れるといっても、上下するだけというパターンが多いのですが、セドナでは1時間以上しっかりと空を飛ぶことが可能です。また、朝日や夕日といった美しい光景を空から見ることができる時間帯に行われていますので、普通ではみれない光景を見ることが可能となっています。
気球に乗って空からセドナを見ることにどんな意味があるのでしょう? 朝日や夕日をより近くで感じることで、そのエネルギーを受け取りやすくなるというメリットもあります。前回紹介したような、朝日を感じるエネルギーワークを行うにはぴったりでしょう。
しかし、それよりも、セドナを上空から見ることが出来る、ということがもっとも重要です。多くの気球ツアーでは、気球ならではのゆったりとした速度で、眼下に見えるセドナを楽しむことができます。このような上空からの視点というのは、実は後々利用することが可能なのです。
気球1
ツアーでは、ガイドによる説明がついていることが多く、観光名所の説明や、動物を見つけてくれたりしますので、それを無視して目をつぶって呼吸法や瞑想法を行うというのは、なかなか難しいのですが、上空からみた光景をしっかりと覚えておくというのは、さほど難しくないはずです。場合によってはカメラなどで動画に残しておくのもいいでしょう。
なぜ、上空からの視点を覚えておくといいのか? それは、日本に帰ってから体外離脱をしてセドナを訪れるための、とても有効な手法になるからなのです。体外離脱というと、そんなに簡単なものではないと思うかも知れませんが、イメージをすることでエネルギー体の一部を時間と空間を超越したところに送るのは比較的簡単です。
完全に身体から抜け出すというよりも、意識の一部をセドナに送るわけです。このときに上空からの視点を思い出すと、その場にエネルギー体を送りやすくなります。そうやってエネルギー体をセドナへと送ったあとは、そのまま、セドナの大地へと降りたってエネルギーを受け取ってもいいですし、精霊の姿を探してみるのも面白いでしょう。
気球2
最初のうちは、これはただの想像なのでは? と思うかも知れませんが、それでもいいのです。何度も繰り返していくうちに、思いもがけないようなものが見えてきたり、場合によっては完全に身体から抜け出す体外離脱を体験することもできることでしょう。
このワークを身につけることができれば、いつでも、エネルギー的にセドナを訪れることができるようになりますので、セドナを訪れたならば、ぜひ気球ツアーの参加も検討してみて下さいね。

記事を気に⼊ったらシェアをしてね