今まで、セドナに行ってから、そのエネルギーを感じたり、活用するための様々な方法を紹介してきましたが、当然ながら現地へいかなくては行けないものばかりでした。といっても、セドナに行くのはそんなに簡単ではありません。
日本でも芸能人などが訪れてかなりメジャーになってきたので、数年前に比べると大手の旅行代理店などにもセドナツアーのセットプランがあり、かなり価格が安くなってきましたが、それでもツアー代だけで最低でも10万円前後してしまいます。これに現地での食事など諸々を入れると、どうしても十数万円はかかってしまいます。
それだけの費用をかけて行くわけですから、それなりの覚悟が必要になってきます。そこで、今回はセドナにいくチャンスを引き寄せて、なおかつ、現地を訪れたときに、エネルギーを充分に受け取ることが出来るようになるワークを紹介しましょう。
まずは、セドナの写真を用意します。「sedona」と検索すれば様々な画像が出てくることでしょう。Googleの画像検索を使うと、無数といってもいいぐらい様々な画像が表示されます。その中で、自分がイメージしているセドナにぴったりのものを選びます。自分の中で、「これこそセドナ!」と思うものを厳選して見つけて下さい。妥協せずに、自分の中でしっくりきたものを選ぶのがポイントです。
写真
選んだならば、それを印刷しましょう。ご自身がプリンターを持っていないという方や、PCではなくスマートフォンしかもっていないという方も、最近では「コンビニプリント」という便利な道具があります。スマートフォンに保存した画像を、手軽に印刷することが出来るもので、アプリを提供されていますので、それらを利用しましょう。
印刷したならば、1週間、寝る前にその写真を見つめます。リラックスした状態で、のんびりと眺めましょう。写真から受け取る印象をしっかりと感じてみて下さい。「綺麗、パワーがありそう、いってみたい、赤い」などなど、なんでもOKです。とにかく、1週間続けてみましょう。
1週間が終わったら、今度はご自身の写真を用意します。出来れば全身が写っているものを用意出来るとベストです。それをセドナの写真を並べて一緒に見つめます。そうして、セドナの写真と自分の写真が重なるところをイメージしましょう。縮尺は違うと思いますので、イメージでセドナに自分が立っているようにしてみるのもオススメです。それが難しければ、単に写真2枚を実際に重ねてみるというのもいいでしょう。色々な方法で、セドナとご自身のエネルギーを融合させてみてください。これも、1週間続けます。
それが終わったら、今度は写真を通してセドナのエネルギーを感じてみます。難しいかもしれませんが、想像でもかまいません。「何かが脈動しているような感じ、暖かい感じ、包み込まれるような感じ」など、今までの2週間で感じたものがあったならば、それを強化します。特に2週間目に行ったワークで、自分とセドナを重ねた時に、なにか感じた場合はそれを使うのがベストです。これも1週間行います。だんだんと、セドナのエネルギーを実感出来るようになるはずです。最後の1週間が終わったならば、写真を普段見えないところにしまいましょう。この写真はセドナに行くことが実現するまでは、このまましまっておきます。
飛行機
このワークを行うことで、セドナに行く必要がある時期だったならば、よりそのためのモチベーションが強化され、さらにセドナにいくための様々な条件が整ってくるはずです。3週間のワークをクリア出来なかった場合は、まだセドナにいく準備が整っていない可能性が高いので、また時期を変えてチャレンジしてみましょう。
最後のワークの時にエネルギーを感じにくいという時は、セドナの大地のエネルギーが含まれた「食べるケイソウ土 ナチュリカ」を飲んでから、チャレンジしてみるというのもオススメです。そうすることで、自然と自分の内側とセドナのエネルギーが感じられるようになることでしょう。
なかなか時間のかかるワークで、それなりのコミットが必要になりますが、それだけに強力な力を持っていますので、セドナに行きたいと思っている方は、是非実践してみて下さい。きっと、変化が起こるはずです。

記事を気に⼊ったらシェアをしてね