前回、セドナで出会う動物について紹介しました。(http://www.supersedona.com/blog/sedona/941)ハベリナという日本では珍しい動物にフォーカスした内容になっていますが、今回は、より多くの動物にスポットを当ててみましょう。
動物というのは、私たち人間よりも、さらに自然に近い存在であり、色々な気づきをもたらしてくれる存在でもあります。都会に住んでいると、あまり動物に出会うことはありませんが、自然に溢れた土地であるセドナでは、多くの動物に出会うことが可能です。
ネイティブアメリカンの人々は、そのような動物たちを「トーテム・アニマル」と呼んでいました。こちらは、動物そのものではなく、動物の精霊ともいえるべき存在であり、自分に固有のトーテム・アニマルを決めて、それにちなんだ名前を名乗ったりもしていたのです。
コヨーテ
このようなトーテム・アニマルに出会うためのワークというのもありますが、シャーマンによる導きがないとなかなか難しいものですので、今回は、より簡易的に自分と関わりがあるトーテム・アニマルと出会うためのワークにチャレンジしましょう。
まず、セドナを訪れる前に、「この旅でトーテム・アニマルに出会えるように」と強く意図します。神様などに願うというよりも、自分自身の高次の存在である「ハイアーセルフ」などに宣言するほうがいいでしょう。そして、どの時点であった動物がトーテム・アニマルなのかを決めます。
・フェニックスの空港を降りたって、その後初めて出会った動物
・セドナの町に入ってから初めて出会った動物
・ヴォルテックスを四箇所まわってから、初めて出会った動物
・(任意の数字)番目に出会った動物
セドナ
どんなものでもいいですが、まずはしっかりとルールを設定しましょう。そして、一度設定したら、最初に出会った動物がなんであろうと、このルールを変えないようにしてください。
動物にであったときは、その動物がもっている意味をチェックしてみましょう。それぞれ、詳しい意味合いがありますが、今回はホピ族のものをベースに簡単に紹介します。
・トカゲ…知性の象徴
・コヨーテ…教師、世界の終末の扉を閉じる
・蝶…生命力の象徴
・鹿…大地の恵み
・蛙…豊穣と水の象徴
・亀…母なる大地
・蜘蛛…創造主
・オウム…豊穣
・蛇…波動を司り病気を癒す
・熊…勇気と力の象徴
出会った動物がどのような象徴をもっているのかを知ったならば、日本に戻ってからその動物にまつわるネイティブアメリカンの伝承などを調べてみると、より深くトーテム・アニマルについて理解することができるでしょう。
果たして、あなたが出会う動物はどんな存在なのでしょう? セドナというパワーに溢れた土地で出会うことが出来たことには、きっと意味がありますので、彼らがもつメッセージを大切にしてくださいね。