前回は、セドナで波動の強い石を見つけるための方法を紹介しましたので、今回は、見つけた石をどのように活用するかを紹介したいと思います。
まず最初は、石を通してトランス状態へと入っていくための瞑想を紹介しましょう。波動の強い石を2つ見つけます。見つけたならば、ヴォルテックスやパワーの強い場所にいって、そこで石をもって座ります。直接地面に座ってもいいですし、適当な場所に腰掛けてもかまいません。そうしたら、二つの石を打ち合わせます。
打ち合わせるといっても、強くする必要はありません。二つの石がぶつかって立てる音に意識を集中します。打ち合わせる角度やタイミングを工夫しましょう。そうしているうちに、いつしか音の響きが身体全体に染み渡って、トランス状態へと誘ってくれることでしょう。
セドナの大地の力が凝縮した石の波動と、セドナの大地から吹き上げるエネルギー、それをしっかりと感じましょう。ネイティブアメリカンがドラムを使って、トランス状態へと入る儀式を行いますが、それを石を使って行っているわけです。ドラムのように大きな音ではありませんが、石の波動が強いために、小さな音でもうまくタイミングがあえば、なんともいえない神秘的な響きを奏でてくれるはずです。
トランス状態に入ったならば、セドナの大地からのメッセージに耳を傾けてみたり、オラクルカードやタロットカードを引いたり、占いをしてみるというのも面白いでしょう。普段よりもより深い情報を手に入れることが出来るはずです。
次は、セドナの石のエネルギーを物にチャージする方法を紹介します。せっかく見つけた波動の強い石。日本に持って帰りたくなると思います。実際のところ、しっかりと土を洗い流せば法的には、日本に持ち帰るのも可能ではありますが、セドナの土地にあるものは、自然保護の観点からいっても、むやみに持ち出さないことをオススメします。そこで、石のパワーを手持ちのアクセサリーなどにチャージして、エネルギーだけを日本に持ち帰りましょう。

ドラムイメージ
波動の強い石を探します。最低でも7個は必要です。7個以上でもOKですが、必ず「奇数」にしましょう。石が用意出来たら、それらを地面の上に円形に並べます。並べたならば中央にエネルギーをチャージするものをおきます。
そうしたら、セドナの大地から吹き上がるエネルギーが、並べた石を経由して、中央の物に集中しているところをイメージします。光の線が石から放たれて、それが中央に集中しているというのもありですし、円のエネルギーフィールドが中央に集まっていくイメージでもOKです。自分が得意なイメージを見つけましょう。
石配置イメージ
しっかりとエネルギーをチャージすることができたら、波動の強い石は元あった場所に戻しておきましょう。大地と石に感謝を捧げる事も忘れないでください。
ちなみに、この石を使ったエネルギーチャージの方法は、セドナでなくても行えますが、その場合は土地のエネルギーが強い場所でなければ、放置したまま1日程度おいた方がいいでしょう。
波動の強い石を複数集める必要があるので、ちょっと手間がかかりますが、せっかくセドナに行くのですから、お気に入りのアクセサリーをセドナのエネルギーで満たしてみませんか?